川越の中心から少しだけ離れた場所で…

ストレス、プレッシャー、対人関係でくじけそうになる私たちの心と体を

自分の身体のパワーを最大限に活かして

元気になるためのお手伝いをしています。

望診(ぼうしん)とは

東洋医学の診断方法のひとつで、舌や肌など体の表面の色、吹き出物、シミやホクロなどから体の内側の状態を予測する方法です。

 足裏に内臓の反射区があると考えられているように舌や顔、体の表面にも内臓と関連する部位があるのです。

 そこにどんな形や色やサインが出ているかで「摂りすぎ」の食べ物もわかります。

なぜなら “You are what you eat” 「カラダは食べたものでできている。」からです。

 そして、吹き出物、シミ、ホクロなどは必要以上に摂った食べ物の排出と考えられているのです。

 体に出たサインから「体のどこが疲れているのか」「弱っているのか」を読み取る方法が望診 です。